事故車両

交通事故の示談交渉は弁護士に相談しよう

自動車保険の役割

日常的に自動車を運転する人はもちろんのこと、運転免許を持っていない人であっても被害者という形で交通事故に遭う可能性があります。

日本では、自動車の所有者は強制保険である自賠責保険への加入が義務付けられています。

しかし、自賠責保険の補償額には上限があるため、不足分は任意保険に加入して補うことが一般的です。

とはいえ、加害者が自賠責保険と任意保険に加入していても、被害者が納得のいく補償を受けれないケースもあります。

示談交渉は弁護士に依頼

特に、むち打ちなどの交通事故との因果関係が証明しづらい長期の治療が必要な後遺障害について、そのようなケースが起こりがちであるといわれています。

こうした場合、被害者側と加害者側の保険会社で支払額についてもめることとなります。

保険会社はその道の専門家なので、示談交渉に慣れていない被害者側が、有効な反証をすることは困難であるのが実情です。

そうしたトラブルに巻き込まれた場合、弁護士に示談交渉を依頼することが有効な解決策となります。

保険などを利用しての弁護士依頼

一方、弁護士への依頼にあたっては、相談料や着手金といった費用が必要になります。

最近では、自動車保険の特約で弁護士への依頼費用をカバーできるものもあり、そうした特約を付けておくこともリスク管理としては大切になります。

また、自治体などの主催で相談料無料で弁護士相談を受けられる機会もあるので、そうしたサービスを利用するのも有効であると考えられます。

自分自身での対応が困難な場合、法律の専門家に相談することも大切になります。

交通事故の示談

慰謝料金額は適正ですか?保険会社の提示金額に疑問を感じたら、交通事故専門の千代田中央法律事務所へご相談ください。